大人ニキビ ケア

大人ニキビを解消していくための生活習慣について

ニキビというのは成長期(思春期)に悩むものだという意識がありますが、大人でもできてしまうものです。そして、大人になってからできるニキビというのはストレスや生活習慣の乱れが影響していることが多いのと、治りにくく繰り返しやすいという特徴があります。

 

そんなしつこい大人ニキビを治すために、まずは自分の身の回りのことを整理してみましょう。精神的にイライラしていることが続いているのであればストレスになっているものから自分を遠ざけることも必要なので、何か癒されるものを見つけたり、リラックスできる方法を探してみましょう。

 

特別お金をかけなくても、ぐっすりと眠ることがストレス解消になることもあるので、睡眠がしっかりととれていないと感じるような人であれば、まずは睡眠時間をきちんと取ることを心がけてください。

 

大人ニキビにとって十分な睡眠を取ることは、ターンオーバーを改善する意味でもとても大切になってきます。早寝早起きを心がけて、ターンオーバーの時間(夜の10時から2時)には、熟睡できる環境を整えることが必要です。

 

また、便秘が原因で大人ニキビができることも多々あります。便秘も生活習慣の乱れや食生活の乱れ、ホルモンバランスの乱れが原因です。食物繊維不足であったり野菜不足が原因の場合は、レトルト食品やコンビニ弁当などは避けてできるだけ和食中心の健康的な食事に切り換えましょう。

 

会社員緒人であれば昼食は会社で食べるという人も多いと思いますが、極力栄養バランスの取れた手作り弁当にするか、ヘルシーなお弁当を選ぶようにしましょう。

大人ニキビを引き起こすお肌の乾燥をケア

大人ニキビができたような時は、大人ニキビを刺激しないようにケアすることが大事です。また、ホルモンバランスが乱れているような時は、普段使用している化粧水なども合わなくなってしまうことがあるので注意です。

 

なんとなくニキビに刺激的だと感じたら、使用するのをやめて低刺激の化粧品を選んでみましょう。

 

また、大人ニキビができてしまうのは肌が脂っこいからだと思ってしまう人もいますが、大人ニキビができるのは肌が乾燥している時が多いです。ですから大人ニキビを作らないためにも、ケアする意味でも十分な保湿ケアを心がけてください。

 

保湿の方法は、肌への吸収がよくなるように化粧水をつけたらしばらくは手で顔を覆うようなことも必要です。また、特に食べているものや使用している化粧品に問題がなくても、生理前だと女性はホルモンバランスが乱れてしまうことも多いので、生理前の時期は大人ニキビができやすい時期なのだということで肌の手入れを気を付けることも大切です。

 

また、お菓子やお酒を控えめにするのもいいでしょう。生理が過ぎてしまうと自然と肌トラブルが落ち着いてくることも多いですが、どんどん大きくなっていったり膿ができてしまうようであれば皮膚科に相談するのもいいです。

ニキビの跡としてよくあるトラブルが、肌がくぼんでしまうことや肌が黒っぽくなることです。クレーターの問題はきちんと治療できる皮膚科で診てもらわないと完治しませんが、黒ずみに関しては美白化粧品を使って少しずつ薄くしていく事が可能です。炎症を起こした状態のニキビは、洗顔の際などに少し触っただけでも痛みを感じてしまいます。ですから、ニキビが炎症を起こしている時には、いくら気になっても決して指で触ってはいけません。触ると痛いからというだけではなく、指から雑菌が侵入して、さらに症状がひどくなってしまうことがあります。一般的に生理が近付いてくるとニキビになる女性は少なくないと思います。ニキビになってしまう理由として、ホルモンバランスの崩れ、肌が不安定な状態になってしまうのと、生理が来る頃にはどうしても甘いお菓子とかが欲しくなったりしますので、ニキビができてしまうことが多くなってしまうのでしょう。ニキビを予防するのに気をつける事は、雑菌の温床にならない環境をつくることです。ファンデーションのパフに汚れが付きっぱなし、枕カバーを不潔にしている、手で直接肌に触れるといったことは、顔に菌を塗っているのと同じです。普段から清潔を保てるように気を付けましょう。白く痛々しいニキビが出てくると、中身を絞り出してしまいます。中からニキビの種が飛び出してくるのが大好きなんです。ただ、五回に一回はつぶしても中身が残り、無理にでもニキビの芯を出そうとした結果、ニキビ跡が肌についてしまうのです。ニキビ跡を見て、肌に悪い事をしてしまったと反省するのですがニキビが白く膨らんでいるのを見ると自分を抑える事が出来なくなって、また爪で押しつぶしているのです。

更新履歴